藤森善弘 水泳ベストタイム更新プログラム口コミ評価

藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラム


左右のバランスがバラバラでぎこちないフォームになっていたとしても、常に高いボディポジションを保持して、水の抵抗を受けることなくスイスイ泳げるようになるのが藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラム


あなたも下の中に思い当たることがいくつかあるんじゃないでしょうか?


毎日のように泳いでるのにタイムが伸びない

どうすれば速く泳げるようになるのかわからない

練習をサボると、すぐにタイムが落ちる

ターンが苦手


水泳が難しいところは、力任せにストロークしたりキックをしても、大してタイムが伸びないこと。むしろタイムが逆に遅くなってしまうことだってあり得ます。
力を入れることで、より多くの水を捉えられるようになったり、ストローク・キックの回数が増えているつもりでも、実は水の抵抗を大きく受けるようになってしまうからです。

必要以上に力を入れると、どうしても余計な「力み」が生まれるようになります。その結果、体が水面に沈みがちになり、水の抵抗をより強く受けやすくなってしまいます。
さらに力みによって無駄な動作も増えてしまいます。無駄な動作ももちろん、水の抵抗を増すような結果になってしまい、やはりスピードダウンの原因となってしまうわけです。

水泳でスピードアップを果たすには、身体に余計な力を入れず、なおかつ無駄な動きを徹底的になくすことです。水の抵抗を受けにくくなるので、スイスイと前に進むようになります。
そのためには、体幹を使った泳ぎ方を身に着けることが何よりも重要です。体の表面的な筋肉を動かすんじゃなく、体幹(インナーマッスル)をいかに活用するか?が水泳のタイム更新のカギを握っているんです。

水泳の上手な人たちというのは、体幹を上手く使った泳ぎができているからこそ、ストリームラインを上手く作れるし、後半になってもタイムがそれほど落ちることはありません。
体幹は、私たちの体の中でも特に強力な筋力を備えた筋肉ですから、今までよりも力を抜いているはずなのに、むしろ力強い動作ができるようになりますよ。




■藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラム


藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラムでは、どうすれば体幹の力をスムーズに引き出せるのか?具体的な泳ぎ方を教えてもらえます。
体のどこをどんな風に動かせばよいのか、水泳初心者でも理解できるように工夫されているので、これまでの水泳経験や現在の水泳レベルに左右されることなく実践することができます。

2軸泳法は、初めて目にすると、確かに違和感を感じるかもしれませんが、実際にプールに入って再現してみると、驚くほど滑らからに体を動かせるはずです。
感覚的には今までよりも力を抜いてるはずなのに、1回のストロークで前に進む距離が長くなり、水の抵抗もそれだけ受けにくくなります。

藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラムでは、下手にS字プルをしようと意識をせず、むしろ、手をまっすぐ前に伸ばしたところで入水して、そのまま水をかきだすように指導されます。
従来の泳法を否定している点も多々あるんですが、結果的に、解説されている通りに動作をしたほうが、水も多く捕まえられるし、水面に体が浮き上がるようになります。

藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラムを実践していれば、体の一部に負担をかけるようなこともなくなるので、肩や背中、腰を痛める心配もなくなります。
あなたも、余計なケガをして練習時間が奪われるようなこともなくなるので、練習すればするほど、下のような結果にどんどん近づくことができますよ。


正しいストリームラインがわかる

体が沈まなくなる

腹圧を無意識のうちに入れることができる

水泳で使う体幹全てがしまる



世界最先端の泳法をわかりやすく教えてくれる藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラムをメールサポート&返金保証付きで試してみるにはこちら

sf01.png



藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラム2chネタバレ

藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラムを実践するうえで気を付けてもらいたいのは、自分が気になるところ・興味を感じる部分をつまみ食いするようなやり方を避けることです。
2軸泳法という泳ぎ方を身に着けるために、どんな順番でどんな練習をすれば良いのか?すでに最適化されているので、わざわざ練習する順番を入れ替える必要はありません。

それに、先を急ぐあまり、自分ではできていると思っているメニューを飛ばしたくなりますが、用意されている練習は最初から丁寧に実践していくのが良いですよ。
あなたの上達を阻んでいる要因は意外なところに潜んでいるものです。基本からやり直していくことで、フォームの安定が見違えるようにアップし、タイム更新につながりますよ。